« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

夕焼け 2008/09/27

 一気に寒くなってきました。そして日没が早くなってきました。
 朝の内は綺麗な青空だったのですが、だんだんと雲が増え、夕方には、雨でも降りそうな低い雲になっていたのですが、帰路、空を見上げるとオレンジ色の雲が見え、振り返ると西空の雲が赤く染まっていました。

Sany0169c48

 この夕焼けは一瞬に近く、この後晴れ間が広がることはありませんでした。

 今夜も、木星は見えません。

|

木星 2008/09/24 その2

 16分差の2画像をアニメにしてみました。
Kmj2008092437

 8ショットは撮影したのですが、半分以上はこの2画像より悪く、没になりました。
 木星もだんだんと遠くなり、視直径も小さくなってきました。
 シーズンの終わりが近づいて来たようです。
 南中を過ぎると、我がベランダ望遠鏡は撮影が難しくなってきます。

 25日の今日は、1日中低い黒雲が覆い、うっとうしい空で、今にも雨が降りそうで降らないまま、夜を迎えました。
 さすがに今日は木星も見えません。ハイ!

|

木星 2008/09/24

Kmj2008092410h07mut  とうとうジェット気流が降りてきたようです。
 地上は北風で涼しくなってきたのはよいのですが、上空は強い西風が吹いており、木星の模様が良く見えません。

 処理された木星画像では、それほど悪くないように見えているかも知れませんが、ピント合わせをしていても、小さな模様が見えないので、どこでピントが合っているのか良く分からない状況です。

 このまま冬型の悪気流へと移っていくのでしょうか・・・

|

北風と飛行機

 9月24日の朝は前線が南へ通過し、北からの冷たい大気が流れて涼しい朝を迎えました。
 日中はそれでも強い陽射しで、けっこう気温がも上がり、今夜も晴れそうと構えていました。
 むちゃくちゃ強い北風まではいかないのですが、木立が絶え間なく揺れていました。

 伊丹空港(大阪国際空港)に入る飛行機は、大阪南部から堺上空を抜けて、奈良県境を北上し空港にはいるのですが、普通の気流の時は堺南部を通過し、北風が強い時は、堺の北部、つまり我が家の近くまで接近して来るのです。

 今夜(9月24日)は、北風により、堺北部コースを選んでいるようで、ベランダから多くの飛行機を見ることになりました。
Dsc_2505p100

 木星の前を・・・通過していきます。困ったものです。

 ちなみに、伊丹空港は21時までに入らないといけませんので、20時台にラッシュアワーとなって、何機も続いて見えることになります。

|

木星 2008/09/23 その2

 約40分間のあいだに撮影して、処理できた8枚の画像をアニメGIFにしています。
 時間が等間隔でないので、動きがぎこちないですが・・・いつものことで、揺れています。

Kmj200809233to11

|

木星 2008/09/23

Kmj2008092309h57mut  二日続けて晴れました。
 天気予報では夕方から曇りでしたが、日没のころはまだ耐えて?青空が続いていました。

 雲がぼつぼつ増えだしてきたので慌てて撮影準備をしましたが、望遠鏡は暖かいままでした。

 気流は、昨夜のようなメラメラ気流はなくなっており、こまかく揺れているものの、何とかなりそうです。
 透明度が落ちていき、モニター画像も暗くなってピントが見づらい状況で、揺れが少ない分ディティールが写りそうでしたが、モニター画面では良く分かりませんでした。

 昨夜よりは安定した画像を得ることができましたが、19時(JST)過ぎには、天気予報どおり雲がやってきました。
 今日は予報どおりでした。

|

大泉(おおいずみ)緑地

 我が家から自転車で10分ほどのところに大泉緑地があります。
 子どもが小さいころは、よく遊びに行ったのですが、最近はごぶさた気味です。
 四季折々の風情を楽しむことができる、かなり広い緑地です。

 赤い彼岸花です。
Dsc_2478p100_3

 白い彼岸花です。
Dsc_2487t   

 緑地の中には多くの鳥類?もいるようで、こんな巨大望遠レンズを駆使している人たちもいます。
Dsc_2497p100

 周りにはもっと望遠レンズ群があったのですが、そろそろ閉店?時間らしく片づけが始まっていました。

 チョッと仲間に入りたい気もあるのですが、タムロンの28mm-300mmズームでは、いっぱい無理ですね・・・この写真を撮るだけでも、ぶれてしまっているのですから・・・(笑)

|

木星 2008/09/22

Kmj2008092210h06mut  台風13号通過後、晴れ間は無くもなかったのですが、ようやくまともに晴れました。
 天気予報は、朝から1日中晴れマークだったのですが、ちゃんと晴れたのは夕方になってからでした。

 日没前から準備を始め、薄明中の木星を見ていましたが、シーイングは中層の気流でしょうか、メラメラ気流が北から流れ、木星が大きく伸び縮みしています。
 19時(JST)ごろに、少しだけ木星の揺れが小さくなり、まずまずの木星像を撮影することができました。

 SEBnにある白斑の連なりが見事?ですが、解像度不足ですと、も一つグチャグチャ感が出ませんね。

 この日のシーイングが悪い時の画像も載せておきます。
 上記画像の40分ほど前、薄明中のもので、アメーバのように伸び縮みしている木星像を処理したものです。

 僅か40分の差ですが、得られた画像のディティールは随分と違います。

Kmj2008092209h26mut こんな事があるので、ついつい、いつか改善する良シーイングを期待して、撮影を続けてしまうこともあるのですが、多くの場合はハードディスクのゴミとなってしまいます(笑)

|

こけし

 これもまた、温泉ツアーのお土産なのです。
 パックツアーの中に創作こけしのお店ツアーがありました。
 私自身はこけしに興味があるわけではありませんが、販売品の中に、こけしのパーツがあり、触ってみると、何とも言えない「木」の気持ちの良さがあり、望遠鏡のノブか何かに使えないかと買ってみました。

 大が直径7cm、中が5cm、小が4cm、全部で¥350也
Dsc_2501c100

 こけし製作の実演です・・・ありがとうございます。
Dsc_2385p100

|

華厳の滝

 温泉ツアーで行った華厳の滝ですが、思ってた以上に水量が豊富で、なかなか迫力がありました。
 滝壺まで行くには有料エレベーターで降りなくてはいけないので、我々はケチって?上の展望台から観覧になりました。
 もちろん駐留時間も短く指定されていますので、滝壺に降りた人もあっと言う間にバスまで戻って来られました。

 手持ちで撮影した3枚の画像を、木星自転アニメと同じ方法で、アニメGIFにしています。
Dsc_22161514p100cb

 3画像の内、1枚はぶれてボケていますし、岩も位置合わせが難しく揺れていますが、何となく雰囲気は出ているでしょうか?

|

木星 2008/09/16 その2

 9月16日の画像2枚をアニメにしてみました。あんまり意味はないのですが・・・

 最近の撮影方法は、モノクロ→カラー→モノクロをワンセットにしています。
 LRGB法でのモノクロ画像とカラー画像を合成するときに、どうしても木星の自転が速く、モノクロとカラー画像の模様位置がずれてしまいます。
 衝以後だと、カラー後にモノクロの順がベターなのですが、大赤斑の位置や、撮影の手間取りなどにより、なかなか思い通りにはいきません。
 そこで安全のため?カラー画像をはさんでモノクロ撮影しています。
 その2枚をアニメにしています。
 カラー画像は同じものを使っていて、2枚の画像を見比べると、周辺減光や縁の色合いが若干違います。

 動いていると分かりにくいと思いますが、そこが狙い目です(笑)

Kmj2008091634

|

月面 2008/09/11

 なかなか処理ができていなかった9月11日の月面です。

  クラビウスの2枚モザイクです。

Kmmoon2008091112tone_2

 細長いクレーターのシラー

Kmmoon200809113tone_2

 インパクト説では、こんなのはできないとよく言われるクレターで、クラビウスクレーターから、けっこう近い位置にあります。

 この日は木星撮影後に、まずまずのシーイングで撮りましたが、望遠鏡の追尾があまり良くなくて、安定した画像が得られませんでした。

|

木星 2008/09/16

Kmj2008091610h20mut  前線が南下し、晴れ間がやってきましたが、相変わらずシーイングはも一つです。

 でも、最悪ではありません。大きくぼけることは少なく、眼視的には落ち着いて見えるのですが、モニター上の木星を見ると、模様がはっきりとしません。

 でも?大赤斑が見えているので良しとしましょう。

 左下の黒点は衛星エウロパの影です。

|

温泉ツアー

 9月13日から2泊3日のバスパックツアーに行って来ました。星仲間で行ったのですが、星ネタは全くなしの、ひたすらパックツアーでした。

 神戸三宮を出発し650kmを踏破してやって来たのは、群馬の草津温泉。
 「群馬」とわざわざ書くのは、実は私は、草津温泉の草津は滋賀県の草津とずーっと思っていたからです・・・大人になるまで。

 写真は草津温泉の「湯畑」

Dsc_2078c100_2

 2日目は中禅寺湖→華厳の滝→日光と、そして伊香保温泉までの260km。

 写真は日光東照宮の人波!
Dsc_2313p100 日光はさすがの連休中で、渋滞に大混雑・・・日光東照宮の猿も眠り猫もパニック状態でした。

 私は左甚五郎の技術力にあやかろうと、お願いをしてきました。
 どれほどの効力があるかは、これからの精進にかかってくるとは思いますが・・・もう間に合わない?かも知れませんね(笑)

 伊香保温泉に向かう途中、高崎あたりでは猛烈な豪雨が降っていましたが、到着するころには雨も上がって、伊香保温泉では雲間から中秋の名月が輝いていました。
 今年のゲリラ豪雨は堺でもあったのですが、関東のゲリラ豪雨を垣間見たような気がしました。

 写真は伊香保温泉で見上げた中秋の明月

Dsc_2346c150  泊まったところに露天風呂があったのですが、高い塀に囲まれており、天頂付近しか見えず、明月を見ながらの露天風呂という場面設定は、残念ながら満たされませんでした。

 3日目は、軽井沢から諏訪湖を通り神戸まで、また650km。
 日食旅行などで、かなり強行軍なバスツアーの経験はあるのですが、このような格安?バスパックツアーは初めての経験でした。
 エコノミー症候群になりそうな、体力的に厳しい・・・と言いながらもツアー参加のみなさんの多くが、私と同じ世代か、まだ、その上を・・・みなさんタフですね。

|

木星 2008/09/11 その2

 南中後に良くなったシーイングですが、透明度はだんだんと悪くなり、DMK21AF04で撮影しているモノクロ AVI は、30fps を確保するために撮影最大輝度が、100/255 以下しかない超アンダーでの撮影でした。
 モニターで見てる限りは暗いこともあって、詳細が写っている雰囲気はまるでありませんでした。
 ただ、大きな揺れが収まったな・・・程度だったのでした。

 最高のシーイングには全く届きませんが、この悪条件の中では良く撮れたと思っています。

Kmj200809113to8

 この、アニメ GIF 画像は、6枚のフレームで往復していまして、ファイル容量は、800キロバイトほどで、何とかココログには載っかっています。 

|

木星 2008/09/11

Kmj2008091111h12mut  晴れが4日ほど続きました。10日夜はお休みしましたが、11日夜は透明度も悪く?下り坂風で、シーイングの良さを期待したのですが、薄明中はもの凄く乱れたシーイングで、木星は動き回るは、大ボケはするはでがっくりでした。

 でも、夕食を食べて南中後の木星を見ると、大きな揺れはなくなっていました。
 それほど良いシーイングとは思えないのですが、画像処理をすると、けっこう詳細が見えてきました。

 眼視のシーイングと、画像処理のシーイングとは何となく基準が違うなーと思います。

 まあ、シーイングの基準はあるものの、個人的な要素が強いので誤差の範囲内でしょうか?

|

プラネタリアン?同窓会?

 とある、一声のきっかけでプラネタリウム担当者の同窓会?が開かれました。
 同窓会と言っているのは、この写真に写っている半数以上の人たちはプラネタ担当ではなくなっているからです。

Jikaic24

 先日、堺で1時間 93mmのゲリラ豪雨があった夜、同窓会の待ち合わせ場所は、なんと梅田(大阪)のビヤガーデンだったのです。
 堺では、職場周りや住居周りでも一瞬の豪雨で水浸しになったところも多かったのですが、夕方には交通機関の多くも回復していました。

 梅田まで行ったのは良かったのですが、屋上ビヤガーデンに行こうとしても、指定のエレベータが見つからない・・・中止になっていたため、ビヤガーデン行きが無くなっていたのですが、中止の張り紙もないので暫く迷ってしまいました。

 仕方なく携帯を持っていない私は、公衆電話から、メンバーに電話して別の会場へ・・・

 まあ、楽しく騒いだので良いのですが、雨に振り回された1日でした。

 まあ、正確にはこの騒ぎは夜明けまで続いたのでした(笑)
 プラネタリウムの縁(宴)はいつまで続くのでしょうか?

 楽しい中にも、ちょっぴり寂しさを感じる、この中で一番熟年の私でした。

|

木星 2008/09/09

Kmj2008090910h56mut  昨夜に続けて晴れておりますが、シーイングはも一つで、昨夜と変わりません。
 南中前は、悪いながらもまずまずですが、南中後は大きく木星が歪んでいました。

 移動性高気圧になって、晴れが続くと、だんだんシーイングが良くなるはずなんですが・・・

 大赤斑が沈みかけですが、何とか捉えることができました。
 シーイングが悪い割にはそこそこのディティールが撮影できたと思うのですが・・・なかなかピリッとしませんね。

|

木星 2008/09/08 その2

Kmj2008090811h56mut  運動会の会議終了後、南西に低くなった木星を撮影。
 シーイングは夕方よりも悪くなって、木星は大きく伸び縮みしています。
 大赤斑がこちらを向き始めていますが、ディティールは無理でした。

 ココログのシステムが9月から変わって、送ることのできるファイルの容量が小さくなりました。
 以前は40メガバイトもいけたのですが、1メガバイトまで下げられてしまいました。
 いろんな使い方をしている人がいて、サーバーも大変なんでしょうが、チョッと小さいかな・・・と思います。

 ここでよく出している、木星自転アニメGIFなども合成枚数が多いと1メガバイトはすぐに超えてしまいます。チョッと残念です。

 このアニメGIFは3枚しか使っていませんので、1メガバイトは超えていないのですが・・・

Kmj20080908245

|

木星 2008/09/08

Kmj2008090809h50mut  やっと晴れました。北風が舞い込み、随分と涼しくなりました。
 午前中は一雨あって天気予報は外れかと思っていたのですが、夕方から良くなりました。

 しかし、シーイングは木星のピントをぼかしながら見ると、複雑な気流が見えていました。

 でも、まだまだ模様が何とか見えているので、大丈夫?です。

|

今夜はいけそうです 2008/09/08

 なかなか、まともに晴れる日がなかったのですが、今夜はこのまま晴れそうです。

Dsc_1798b150

 でも地域の運動会の会議があって・・・

|

BY8とUYVYの比較

Dfk21af04b8vsuyvy  現在、惑星撮影用にしているPCカメラはイメージングソース社のDMK21AF04(モノクロ L画像用)とDFK21AF04(カラー RGB情報取得用)を使っています。

 DFK21AF04はカラー情報だけを必要としていましたので、このカメラで高解像を狙う気がなかったので、このカメラを使いこなしているとは言えませんでした。

 DFK21AF04が持っているBY8と言うカメラ側のフォーマットは、ベイヤー配列のカラーCCDのデータをそのまま(混ぜたり圧縮せずに)パソコンに送るフォーマットと考えています。
 もう一つのフォーマットはUYVYと呼ばれ、カラー情報を少し省略して全体的なデータ量を減らすもので、PHILIPS ToUcam PRO Ⅲに相当する spc900nc が使っているフォーマット(UYVYとYUY2は基本的に同じ)でもあります。

 こう書いていても、フォーマットの話をすると混乱することが多いので、比較撮影をしてみました。
 完璧なシーイングで木星比較したいところですが、それは無理なので、近場?の本棚を撮影しました。
 どちらも30fpsで、10秒間の299フレームをスタックして、ウエーブレット処理をしています。フォトショップCSで4倍ほどに拡大しています。

 ファイル出力は、どちらもRGB24のフルカラー保存です。

 本の背を見ると、「夏の」あたりの字がUYVYの方が、ぼやけていると言うか、色がはみ出しているのが分かります。
 また、本と本の間の暗い部分の色も擬色と言うかけったいな色になっています。

Dfk21af04testby8rgb2430fps60s100000 まぁ、BY8の方が色のにじみは少ないようですが、実際の木星撮影でどれぐらいの差になるかと言えば、たぶん分からないでしょうね。

 それにしてもけったいな本棚ですね、趣味がばれてしまいますね・・・(笑)

|

木星 2008/09/01

Kmj2008090110h00mto12h32mut  久しぶりに木星を撮影することができました。

 9月1日の日中は雲も多く、時折、低い雲が通過する天候でしたが、夕方から急に晴れ初め、薄明中から木星が見えていました。
 早めに望遠鏡をセットしましたが、望遠鏡もベランダのコンクリートもホクホク状態です。
 扇風機では残念ながら簡単に冷えません。

 そして、シーイングは残念ながら、最悪ではないものの詳細は見えず、ピント合わせも自信が持てないほどでしたが、久しぶりの撮影だし、大赤斑もこちらを向いているので、良いことにしておきましょう。

 レジスタックス4で画像処理しながらインターネットをしていると、増設した不安定なメモリが、より不安定になり・・・諦めました。
 メモリを買ったときに相性保険にも入っていたので、差額を出して安定度上位のサムソンチップのメモリと交換しました。+¥4Kの出費でした。
 これで相性問題が出ると、堺のパソコン工房ではこれ以上のものはないと言われました。
 取り付けてみると、最速より少し遅めて使えば、何とか画像処理は通過することができました。まぁ、もう少し時間経過を見ることにしましょう。

|

青空 2008/08/31

 8月の最後、31日は天気予報と違って抜けるような青空の朝になりました。

Dsc_1789c150

Dsc_1788c200  気持ちよく青空を見ていると、爆音とともにヘリコプターが上空を通過したので撮影。
 消防のヘリでしたが、濃い青空と赤い機体のコントラストが気持ちよく写りました。

 この青空が夜まで持てばいいな・・・と期待していたのですが、午後に入ると雲が増え、夕方の南東の空は黒い雲におおわれ、夜の木星は、またもお預けとなりました。
 夜遅くに晴れた時には、木星は視界から消えていました。

 衛星画像で見ると大きな雲はないのですが・・・

 天気予報や衛星画像で私が良く見ている tenki.jp が、9月1日から模様替えをしたみたいですね。
 機能が増えているところもあるのですが、可視光の衛星画像が見つからないし、重たくなったのか操作感が悪いし・・・かなり残念です。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »