火星 2020/06/02-03

 木星に引き続きで、シーイングもまずまずよろしい(笑)
 大シルチスがこちらを向いているのは、木星の大赤斑がこちらを向いているのに近いでしょうか。
 欠け際になんか飛び出しているようにも見えるのは雲でしょうか、繋ぎ目破綻かと最初は思ったのですが、AP1個でも出てくるのでたぶん実際にあるもののようです。
 他の人と比べないと分からないですね。
Kmm2020060218h37mut

 梅雨の合間の晴れ間のようなキレのない晴れ間でした。
Img_6427w800

 大シルチスがあると分かりやすくてイイですね。
Img_6445w800

 気温が20℃を超えるようになって、蚊がやって来るようになったので電池式の蚊避けです。
 効いてるような効いてないようなですが、無いよりはましなようです。
Img_6449w800
 薄雲の通過でどうなるかと思われましたが、まずまずの成果ですね。

| | コメント (0)

木星 2020/06/02-03

 周りを低気圧、前線に囲まれていて微妙ですが、天気予報は晴れです。
 透明度が悪く、木星の光も弱いのですが、いちおう晴れていました。
 覗き初めでも、衛星の姿が円盤状に見えていたのでシーイングはまずまずでした。
 高層の西からの気流があって、木星が少し波打っていましたが、ディティールは見えていました。
 久しぶりにモニター上でも模様が良く見えていました。
 リサイズせずに上げておきます。
 画像をクリックして、ピクセル等倍でご覧ください。
 画面から1mぐらい離れて見ると、きれいに見えると思います(笑)
Kmj2020060217h22mut

 ひまわりの画像ですが、周りは雲だらけです。
Img_6384w800

 小さな雲が通り過ぎていきますが、眼では良く分からず、木星が暗くなって分かりました。
Img_6392hdr08
 大赤斑が居ないのが残念・・・

| | コメント (0)

再開準備 2020/06/02

 ここ2ヶ月ほどできなかったテニスのことです。
 宣言が解除され、屋外テニスができるようになりました。
 この週末から動けるようになりました。
 で、練習用のテニスボールと、帽子も色あせてきたので心機一転、新しく購入です。
 テニスは、どう見ても上手いわけではありませんが、楽しむテニスにガンバです。
Img_6375w800

| | コメント (0)

土星の環の傾きシリーズ 2020/06/02

 毎年作っている土星の環の傾きシーリズ2020版を作ってみました。
 プラネタリウムや天体観望会などで、土星の環の傾きが毎年変化しますよって説明するときに、なかなか上手く伝わらないのですが、こんな画像があったら良いなと作り始めたモノです。
 私は現役を離れ使うことはありませんが、良ければぜひ使ってください。
 自由に使ってください。報告なども要りませんので。
 今年はまだ土星撮影が少なくて良いのがありませんが、衝が近づいてイイのが撮影できればまた入れ替えたいと思います。
20032020p300w1600

| | コメント (0)

ハードディスクの掃除 2020/06/01

 メインで使っているデスクトップパソコンのCドライブの、残り容量が100GB(ギガバイト)を切ってきて、あらゆる動作が遅くなり、尚かつ不安定になってきました。
 そこで、ハードディスクの中で要らないモノを削除中に、2003年の火星の動画を見つけました。
 で、これは削除できないなと思いながら、AutoStakkert!2でスタックし、RegiStax6でウエーブレットを掛けてみました。
 500フレームしかない短いAVIファイルで、PHILLIPS ToUcam で撮影、望遠鏡は以前仕事で世話していたソフィア・堺天文台の60cmカセグレンです。
 今では、60cmでこれぐらいかと思われるかも知れませんが、当時は良く写ったと自画自賛していたモノです。
 2003年9月18日に撮影です。
Z0m2003091804cut500_g4_ap36as268reg61lil

 当時に比べると画像処理は進化し、パソコンも進化し、ある意味簡単になりました。
Img_6360w800
 結局、今日の掃除のための削除ファイルは20GBにしかなりませんでした。
 時間かかりそう(笑)
 あぁ、この動画は削除していません・・・

| | コメント (0)

5月28日朝の木星をまとめムービーにして見ました。 2020/05/30

 あまりシーイングとしては良くない日ですが、川底状態の気流の中でも、時折詳細な模様が見える時間があれば、ここまでなんとか写し出せると言うことでしょうか。
 5月28日朝(JST)の大赤斑のある木星です。



| | コメント (0)

土星 2020/05/29-30

 土星は一番始めに撮していたのですが、良く写っていないのでぜんぜん力が入りません。
 昨夜も撮してながらボツにしていたので、今日のは最後まで処理してみました。
Kms2020052917h43mut

 土星は不運ですね。
Img_6285hdr28w800
 もうちょっとシーイングが良くないと、微妙なところが写りません。

| | コメント (0)

火星 2020/05/29-30

 木星に引き続きですが、火星側に最低限の時間を残し、大赤斑をいっぱい引っぱったので、火星は窮屈な撮影となりました。
 シーイングは木星よりも良く、経度的には昨夜とほぼ変わらないのですが、少し良く写りました。
 大シルチスもそれなりに見えています。
Kmm2020052919h20mut

 木星はどんどんと南中時刻が早まっていますが、火星は何時まで経っても夜明け中の撮影です。
Img_6328hde08w800

 気温18℃と少し涼しい。
Img_6352w800
 木星に比べると良く写りました。

| | コメント (0)

木星 2020/05/29-30

 北からの高気圧の終端で西から次の雲がやって来ているのですが、西の雲は近づきながらも消えているので概ね快晴に見えます。
 シーイングは期待したほど良くならず、時折上空を熱風のような激しい流れで木星の模様が全く見えない瞬間もありました。
 それでも大赤斑が出ているので、なんとか木星らしくなりました。
Kmj2020052918h48mut

 大赤斑があると、どんな状況でも絵になります(笑)
Img_6302hdr27w800
 でも、やっぱりイイシーイングが欲しいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/05/28-29

 木星の後には土星を撮影しているのですが、シーイングも悪く良く写っていないのでボツで、その後の火星です。
 南にある木星土星とは若干シーイングの様子が違いますが、あまり良いとは言えません。
 それでもそこそこの火星像は得られました。
 サバ人の湾が見えています。
Kmm2020052818h58mut

 火星時間も概ね快晴です。
Img_6226hdr04w800

 赤外画像の最後の最後に、少しだけシーイングが良くなりました。
Img_6265w800
 天気は良かったけれど消化不良です。

| | コメント (0)

«木星 2020/05/28-29