太陽のハロ 2021/04/15

 ねたがない(笑)
 朝は快晴で気持ちのイイ青空でした。
 昼ごろ本屋さんへ行っての帰り、雲が増えてきたなぁと見上げると、太陽の周りに大きなリング。
 家に戻って、ベランダから記念写真で、メモカメラでちょうど入りました。
P1080678hdr03w800
 昼間の太陽は日食以外で見ることは少ないのですが・・・

| | コメント (0)

SSD の2TB に交換 2021/04/07

 観測用のパソコンではなく、通常遣いのデスクトップのパソコンです。
 Windows10の32ビットで、CPUは、i7_870で、Cドライブはハードディスクの2TBで使用率84%だと、何をしても遅く、Windows10の起動なんかは落ち着くまでに8分ほどかかります。
 いろいろなソフトを立ち上げても遅く、「応答がありません」がしょっちゅう出てきます。
 全システムを最新のものに替えるのはしばらく無理と踏んで、起動ドライブCだけでもSSDにすれば少しは速くなるとみて、SSDに交換することにしました。
 Cドライブのハードディスクは2TBなので、ややこしくならないためにも全く同じ容量のSSDにしました。
 SSDはここ2~3年で随分と安くなりましたが、コロナ禍で需要が増えたのか、ちょっと値上がり傾向にありました。
 その中でも一番安い2TBのSSDで、¥20.9kです。最速とは行きませんがやむを得ません。
 M.2タイプなんかは古いパソコンにソケットがありませんので、SATAタイプの2.5インチ型です。
P1080639w800

 Cドライブのクローンを作るのには、迷ったのですがみなさんの書き込みが多いフリーのソフトにしました。
 いろいろ戸惑いましたが、なんとかクローンができました。
 正味約5時間かかりました。
P1080671w800

 全く同じ容量だったせいか、そのまま起動ディスクとして動きました。
 Windows10の起動が4倍ほど速くなり、約2分ほどに短縮されました。
 ベンチマークでは84%も使ってるせいか、仕様の半分ほどの速度しか出ていません。
Ssdcrybm
 これでもうしばらく、このの32ビットパソコンが使えそうです。

| | コメント (0)

粗大ゴミ 2021/04/01

 年度末整理と言いたいところですが、クリーンセンターに持って行ったのは1週間ほど前のお話です。
 個人持ち込みの粗大ゴミは、100kg迄は同じ金額で、去年の夏の扇風機から貯めたモノをやっと持って行きました。
 掃除機やアイロンなどもあるのですが、メインは2現象オシロスコープとフラットヘッドスキャナです。
 オシロスコープ(もちろんアナログブラウン管タイプ)は、これで電気のことが良く見える様になりました、45年ほど前の器械で望遠鏡のドライブ回路の仕組みなどを勉強しました。
 スキャナはフィルムにも対応でき、ブローニーフィルムまでできる優れものでしたが、この10年使うことなかったので諦めました。
P1080518w800
 こうして広げてしまうと疎らですが、90kgほどありました。
 もっと処分しないといけないものがいっぱいあると思うのですが、今回はこれぐらいにしといてやりました(笑)

| | コメント (0)

桜、ほぼ満開ちょっと過ぎ 2021/03/31

 世の中年度末ですが、もう関係の無い世界に入って・・・天気も良くさんぽコースの桜はほぼ満開です。
 大泉緑地公園の桜の広場には年度末とは言え平日ですが家族連れなどの人がいっぱい。
 中にはランドセルを背負った子と桜を撮影されている姿も、さすがに今日は入学式してないよなと思いながら、桜が咲いているときに記念写真でしょうか。
 風が吹くとヒラヒラと桜の花びらが流れて行きますが、桜吹雪とまでは行かないです。
P1080572w1600

 ソメイヨシノではないのですが、白い桜が太陽の光を浴びて美しく透き通っていました。
(追記:白い桜をネットで検索してみました。白くて八重で大きめの桜の花は、大島桜系の「白妙(シロタエ)」が一番近い様に思いました。)
P1080610hdr07df2w800

 その下では、黄色いタンポポです。
P1080624w800
 春ですね。

| | コメント (0)

ガット切れ 2021/03/27

 テニスラケットのガット切れです。
 今日はイイ天気で桜も咲き、テニス日和で汗をかきます。
 練習を始めてしばらくすると「ブチッ」ガットが切れました。
 自慢じゃないけどテニスボールはラケット面のあちこちに分散して当たるテクニックで、今までガットが切れたことがありません。
 ラケットは変えてもガットを替えたこと無しでしたので人生初です。
 ちょっとは上手くなったのかも(笑)
P1080532w800

 練習は仲間のラケットをお借りし、帰路、スポーツ店へガットの張り替えを依頼。
 テンション?そんなこと良く分かりませんのお任せコースです。
 唯一、ガットの色って聞かれたので、即「イエロー」。
P1080547w800
 で、この後、グリップテープもイエローにしました。
 次はがんばろう。

| | コメント (0)

春探しのさんぽ 2021/03/23

 いつもの庭、大泉緑地へ天気もいいので春探しのさんぽです。
 東京は桜が満開だそうですが、こちらはまだまだで、早い桜の樹が3分から4分咲き、遅い木はほとんどが蕾状態でした。
 とは言っても咲いているソメイヨシノの桜をめでたいと思います。
P1080223w800

 咲いている木には鳥たちもよってきています。
 ヒヨドリです。
 HDRソフトでさわっています。
P1080307hdr07w800

 メジロと桜と月と・・・いっぱいさわっています(笑)
 嘘ではありませんが・・・
P1080360w800

 小さな蝶です。ベニシジミ(たぶん)
P1080450w800

 お家へ帰ってきたら、冬眠中のC14です(笑2)
P1080511w800
 良く晴れていたのですが、思ったより寒い、花冷えでしょうか。

| | コメント (0)

Topaz Sharpen AI for MARS(Failure work) 2021/03/22

 TopazのSharpen AI 画像処理の火星失敗版を上げておくことにします。
 失敗と思っているのは私で、TopazのSharpen AI は、ちゃんと仕事をしていると思ってるかも知れない(笑)
 一部の模様において極端に模様が細(ほそ)くなり、ミニ運河の乱発状態になっています。
 リムもシャープがかからず、ぼやけたままになっています。
 TopazのSharpen AI が模様を判断するボーダーラインというか、判定加減がコントロールできないのでどうしようもありませんでした。
202010121312_0l_01e35um3500ump3500umpp25
 使いこなせてないだけかも知れませんが、難しいですね。

| | コメント (6)

Topaz Sharpen AI for MARS 2021/03/20

 Topaz の Sharpen AI 画像処理の火星版です。
 最初に言っておこうと思いますが、これは偽物、「素晴らしい偽物」です。
 この火星版は結構難儀しました、それは最初に選んだ火星像がなかなか上手く Topaz らしく画像処理できなくて、諦めてこの日の火星像を使うと上手くと言うか、Topaz らしい火星像にでき上がりました。
 下画像で標準画像処理といっているのが元画像で、LRGB合成前のL画像を処理しています。
 キャプチャ→スタック→ウエーブレット→Derotation→最大エントロピー画像復元処理まで全く同じ画像です。
 最後のシャープ系をかける時にSharpen AIを使用しています。
202010201305_0l_03e25ump2500ump2500umps3
 南極冠を含め、至る所でC14の解像限界を超えた表現がなされています。
 全てが嘘かと言うとそうではありません。
 基本的に元の模様があって、模様やノイズを利用して、どう強調するかはAIが判断しているようで、必ずしも濃い模様が強調される訳ではないようです。
 画像処理者が選ぶことができるのは、ほぼ、強度だけです。
 あぁ、マスクもあるので場所(処理領域)を選ぶことは可能のようです。
 恐ろしいほどまでの危険領域だと思います・・・危険!!!

| | コメント (6)

Topaz Sharpen AI for JUPITER 2021/03/19

 Topazの Sharpen AI 画像処理の木星版です。
 なかなか凄いです。
 大赤斑の中などは元に写っているノイズパターンから、こんな風かもと思ってしまうのですが、NEBのディティールはさすがに、これは違うやろ!と言うぐらいにC14の解像限界を超えたディティールが表現されています。
202006081748_0l_0203e18umh120kai1degbdf2
 もし、AI が画像処理者の心を読んで、この辺だったら真実と思うだろうと、「てきとう」な画像処理で留めていたら、納得してしまうかも知れません。
 言いにくいですが・・・超危険な領域に入っている気がします(笑)

| | コメント (8)

Topaz Sharpen AI for SATURN 2021/03/18

 春なのにネタがなかないのですが、AI系の画像処理ソフトで天体にもよく使われているTopazのSharpen AIを、お試し版を使って試してみました。
 よく使われているのは Denoise AI ですが、シャープ系がこちらの Sharpen AIの方が強力だというのです。
 多くの人が使われているのになんですが、Denoise AIもやり過ぎるとノイズを模様にしてしまう感があって、私は試用版だけで終わっています。
 でも、より強力なSharpen AIがどんなかなぁ~と試した次第です。
 で、土星を処理してみました。
202007201543_0normalvstopazesharpenfocus
 見ての通りです。
 本体リムや環のシャープさは群を抜いています。
 しかし、A環の筋すじはシャープですが捻れてるし、ホンマモンとは違いますね。
 ただ、その捻れなどは、元の画像が均一に写っていないのを強調しているだけだと思います。
 光軸のズレや、ADCのアンバランス、シーイングなど諸々です。
 説明しにくいですが・・・危険な領域かと(笑)
 

| | コメント (0)

«第43回木星会議 2021/03/07