5月25日朝の木星纏めムービー 2019/05/26

 朝と言えない時間帯ですが、5月25日午前1時半ごろの木星を纏めムービーにしてみました。
 気流の酷さがムービーで良く分かると思います。
 北から北西からの気流でメラメラでした。
 ネットでの報告を見ていると、西日本、大阪よりももっと西の方がシーイングが良かったみたいです。




| | コメント (0)

久しぶりのズージャー 2019/05/25

 久しぶりに誘われてジャズを聴きに行きました。
 堺では有名な鰻屋さんの2階で、畳の間でのライブです。
Img_9733w800

 チラシもオリジナルでなかなか凝っていました。
 私はワンドリンクです。
Img_9738w800

 ボサノバとフリージャズのジャンルが違うジャズですが、二人のセッションはなかなかのものでした。
Img_9753w800

 どう言うわけかは分かりませんが、打ち上げに参加です(笑)
Img_9764w800

 久しぶりに濃いーーぃ人たちの集まりに昔を置くことができました。

| | コメント (0)

木星 2019/05/24-25

 晴れが続いていますが、シーイングはあまり良くありません。
 今日は中層低層は北や東やら右往左往していてぼやけています。
 中層から高層にかけては北西からのメラメラ気流で大揺れです。
 ただ、瞬間的にと言うか模様がチラチラ見える時もあり、スタックソフトにがんばって貰うしかありません。
 前回、大赤斑中央でシーイングが悪く残念な思いをしたので、今日は大赤斑中央に気合いを入れて臨みました(笑)
 シーイングは時の運ですが、なんとかまともな大赤斑を捉えることができました。
 シーイングの良いところにはかないませんが、このシーイングの中では良く写ったと思います。
 大赤斑は壊れることなく存在していますが、赤いはみ出しはまだ見えていました。
Kmj2019052416h30mut

 ひまわりで見ると快晴です。
Img_9718w800

 今日、Windyでは5500m以上の高度でも北からの気流です。
Img_9725w800

 気温は20℃と暖かくなりました。
Img_9701w800

 なかなかシーイングは良くなりませんね。
Img_9711bw800

 晴れは続きそうですが、シーイングも良くなって欲しい。

| | コメント (0)

プラリニューアル 2019/05/23

 今年3月にリニューアルされた大阪市立科学館のプラネタリウムを見学する研修会があったので参加してきました。
 いつも書いてますが、現役を離れて久しいのでどれぐらい役に立つか微妙です。
Img_9502w800

 研修会は大阪プラネタリウム連絡会と日本プラネタリウム協議会近畿地域WGの合同開催で、約50人のプラネタリウム関係者が集まっています。
 近況報告など報告をするのですが、私は「木星の大赤斑がえらいこっちゃです」と報告しました。
Img_9584cw800

 展示などもリニューアルされているのですが、2台のプロジェクターを使ったダジックアースは非常に綺麗でした。
Img_9556w800

 メインのリニューアルはプラネタリウム機本体です。
 星の数を増やす方向ではなく、綺麗な星空を再現するようになり恒星も明るくなって歳寄りの眼にも優しくなっていました。
Img_9600w800

 コンソールも更新されていました。
 操作性が肝心とレイアウトなどはあまり変更しなかったそうです。
Img_9614w800

 で、研修が終わると懇親会です。
Img_9638w800

 ここは鳥料理で、アボガドとささみかな。
 美味しくいただきました。
Img_9641w800

 私は直ぐに生ビールに変更です。
Img_9642w800

 この後、夜遅くまで意見交換がなされ、大阪の夜は更けていきました。

| | コメント (0)

木星 2019/05/22-23

 昼間は時折雲が広がるもののまずまずの青空でした。
 今日は大赤斑がこちらを向くので少し早めに準備しました。
 黄色い月が昇ってくるころ木星はまずまずの高さになりました。
 シーイングは良くありません。
 低層は北から東からのメラメラ。中層は西からの怒濤の流れ、高層は南西からの気流で川底状態。
 しかし、日付が変わるころから少しずつシーイングが落ち着いてきました。
 大赤斑の形がおかしい。
 モノクロでキャプチャ中に見ると歪で巨大で異様な大赤斑になっていました。
 大赤斑の赤みが左上にはみ出しています。
Kmj2019052214h35mut

 大赤斑が中央の時が一番シーイングが悪く、ボツになりました。
 中央を過ぎるころからシーイングが少し良くなりました。
Kmj2019052215h19mut

 同じような木星が続きますが少しずつ良くなっています。
Kmj2019052215h39mut

 大赤斑が端に近づいてくると、ますます良く見えるようになりました。
Kmj2019052216h01mut

 一番端っこにやってきた時が一番シーイングが良かったようです。

 もうちょい良いシーイングで捉えたかったですね。

追記:大赤斑が正面のがシーイングが悪くてボツになっていましたが、情けないので前後を含めた54分にわたるDerotationを行ってなんとか画像にしてみました。
Kmj2019052214h56mut

| | コメント (2)

木星 2019/05/21-22

 久しぶりに晴れました。
 影響の強かった高気圧は北太平洋の方へ動いてて行ってその影響はほぼ無くなりました。
 しかし、シーイングは良くなっていません。
 中層高層には西からの怒濤のような気流が流れていまして詳細は見えずでした。
Kmj2019052115h59mut

 1セット目のあとは雲がやって来てシーイングはもっと悪くなりました。
 大赤斑が見え始めましたが、今日はここまでです。
Kmj2019052117h38mut

 1セット目はかろうじて雲から外れていました。
Img_9303hdr27w800

 ひまわりの画像では淡い雲が発生しながら偏西風に乗っかっているようですね。
Img_9326w800

 Windyでは5500mで見るとロシアにある大きな低気圧を中心に偏西風も雲も、つられて廻っているようでした。
Img_9351w800

 せっかくシャッフルしてくれた空ですが、明日の方が良いかもしれませんね。

| | コメント (0)

今夜はお休み 2019/05/17

 今日は昼ごろから雲が増え、夕方には雲がいっぱいで朧月になりました。
 続いた木星も今夜はお休みです。
Img_9269hdr08w800

 しばらくお天気が悪い予報ですが、それも困ったものですが。

 こちらのわがまま都合によりますが、酷いシーイングを一度シャッフルしていただきたいと・・・(笑)

| | コメント (0)

木星 2019/05/16-17

 メラメラボヨボヨの気流!
 ぜんぜんシーイングは良くなりません。
 中層低層は北東から東から、高層は北西から西から。
 どれもそれほど速度は速くありませんのでメラメラボヨボヨでした。
Kmj2019051616h14mut

 3時ごろに向かって少しだけ良くなってきましたが、まだまだでした。
Kmj2019051617h17mut

 今回の高気圧晴れ間パターンでは、こちら良くなりそうにないですね。

 16日、昼間の空はこんな雲がありました。
Img_9139hdr03w800

 ひまわりで見ると夜は概ね晴れです。
Img_9210w800

 Windyでは5500mで、良さげに見えるのですがね。
Img_9228w800

 ひたすら待つしかないようです。

| | コメント (0)

木星 2019/05/15-16

 遠ざかった高気圧の力が強いのか先週末までの天気予報と違って概ね晴れが続きました。
 昨夜よりは雲の量が少ないのですが、シーイングは昨夜とあまり変わらずで、よくありませんというか酷いに近いです。
Kmj2019051515h53mut

 1セット目が終わると北東から雲が湧いて来ました。
 しっかりとした低い雲です。
 その後晴れてましたが、シーイングは良くなりませんでした。
Kmj2019051517h52mut

 ひまわりの赤外画像では雲はないのですけどね。
Img_9108w800

 1セット目終了後にやって来た低い雲です、
Img_9125w800

 酷いシーイングをGIFアニメにしてみました。
 気流にピントを合わせています。(画像をクリックすると動きます)
Seeingpoor20190515a4h

 ネット情報ではシーイングが良いとの情報が流れていましたが、うちは残念でした。
 セブ島やオーストラリア Rubyvale と対抗できるようなシーイングが欲しい(笑)

| | コメント (0)

木星 2019/05/14-15

 夕方まで雨が降っていましたが、夜遅くには晴れてきました。
 完全に雲が取り切れていないのか、透明度も悪くシーイングも最悪一歩前でした。
 ほとんど写っていない画像を無理やり処理した感があり、なぜかパステル調になってしまいました。
 まぁ、今日はこのへんで妥協です。
Kmj2019051417h56mut

 ぱっと見には見えない薄雲があって、木星が暗くなると露でも着いたのかとCPを見るのですが普通でした。
 薄雲が多かったようです。
Img_9041hdr04w800

 ひまわりの画像を見ると際どい晴れ方ですね。
Img_9048w800

 悪気流は、南海上にある前線に存在する低気圧から温風が回り回って東風となって直撃し、偏西風の風とバトルしているみたいでした。
 Windyでの5500mの画像で、このあたりの気流と中層の気流が戦っていたのだと思います。
Img_9053w800

 そろそろ際どく晴れて、シーイングが良い空になって欲しい。

| | コメント (0)

«5月13日朝の木星纏めムービー 2019/05/14