だんだん光学系でここまで写る~だい2だん~ 2016/12/04

 C14の中古購入、改造から1年が経ち、そこそこの惑星撮影もできたので、これらをまとめてレポートを作りました。
 同好会の発表用にプリントアウトして冊子風にしてみました。
Img_4594bw800

 PDFファイルはここにあります。
http://rb-star.la.coocan.jp/dandan2.pdf

 20ページで、中身はこのブログで書いたことがほとんどで新鮮みはないかも知れませんが、まぁ、レポートを作ると言うのが大事かと・・・

 インクジェットプリンターで印刷するとけっこうインク代が要りました(笑)

| | コメント (1)

木星 2016/12/03-04

 微妙な雲が流れているのですが、木星が見えているので撮影開始。
 しかし、雲がどんどん流れてくっる市シーイングはメチャ悪い。上空で北から気流と南から気流がぶつかっているようで、大ボケ小ボケに旗めいている木星。
 途中で諦めて片付けたのですが、青空になってきたときに晴れ間が広がってきました。
 青空の中で辛うじて撮影できた画像です。
Kmj2016120321h31mut

 衛星イオの影と本体が通過中ですが、本体はNEBの真ん中あたりでぼやっと微かにあります。

 残念ながら、2日続けての良シーイングはありませんでした。

| | コメント (2)

木星 2016/12/02-03

 良く晴れて気持ちよく撮影ができました。
 シーイングも思っていたよりは良かったのですが、ずーっとコントラストが悪く、少しぼやけた状態が続いていました。
 ただ、大ボケ大揺れはなく、自動車振動で揺れるくらいでした。

追記修正:最初に処理した画像が、後から見れば見るほどバッチィのでソフトタッチの画像処理に置き換えました。
 Registax6のウエーブレットのパラメーター以外は、全く同じ処理をしています。
Kmj2016120221h14mutb

↓最初の処理画像です。
Kmj2016120221h14mut

 どうもシャキッとしないので、露でも付いているのではないかと思うぐらいの低コントラストで、ピント合わせも今イチ確定できずでした。
 しかし、シーイングが、まぁ良かったので、フォーカス速度は遅めを使うことができました。

 木星の高度も上がって、シーイングさえナントかなると普通に写るようになったようです。

 これから本格的に木星シーズンですね。

| | コメント (0)

朝まで快晴 2016/12/03

 昨夕まで薄雲が広がっていましたが、夜は快晴になり、それが朝まで続きました。
 ここのところ、木星を撮影しようとしたら急に曇られ、晴れそうで待機していたら晴れたのは陽が昇ってからとか、散々でしたが、今日は快晴の下、木星撮影もできました。
Img_4567w800

 木星の高度も高くなり薄明中には高度40度を超えました。

 夜が明けて、そのまま観測用のパソコンで画像処理です。
 観測用のパソコンが我が家では一番高速です。
 
 AutoStakkert!2は新しく 64 ビット版が出たのでそれでスタックしています。
 画面はRegistax6です。
Img_4588w800

 新しく購入したSSDは快調なんですが、良く晴れているので少し早めから撮影したせいか、キャプチャー量が 440 ギガバイトにもなってしまいました。
 これは危ない・・・(笑)

 ただ今画像処理中です。

| | コメント (0)

SSD買いに大阪日本橋へ 2016/11/26

 今朝の木星撮影で、キャプチャーディスクの256GBのSSDがオーバフローしてしまったので、ちょっとどうしようかと考えていたのですが、やはり容量の大きなSSDを購入するしかないとの結論に達しました〈笑)
 で、チャリンコを漕いで日本橋まで出向きました。さすがに土曜日で人がいっぱいです。
Img_4517w800

 どこのメーカー製が良いのかよく分かりませんが、500GBで、そこそこ安くて安定しているのはこれしかない?←根拠はありません。
 サムソンの750EVO 500GBにしました。ネットより\200ほど安く購入です。
Img_4523w800

 観測撮影用のパソコンには正式に入れる場所がないので、パソコンの底に置いただけです。
Img_4556w800

 いちおう速度も測定してみました。
Img_4564w800

 普通に速度は出ているようです。
 キャプチャー速度は、現在の木星撮影サイズでZWO ASI 290MMの限界になっているので、取り立てて速くなることはなさそうです。

 500GBあれば一晩は保つでしょう、たぶん・・・

| | コメント (0)

木星 2016/11/25-26

 昨夜(25日朝)は木星時間がちょうど曇って撮影できずでした。
 今朝(26日朝)は快晴でしたが、二度寝から起きるのが遅くなって撮影はぎりぎりでした。
 夜明けが少し遅くなり、薄明中ではありますが高度が35度を超えてきました。
 その割にシーイングは良くありませんが、この撮影時間の10数分間だけまだましだったようです。
 地上は東の微風、中・低層は東や北からのぼやぼや気流、高層は西からのえぐい気流でした。
Kmj2016112521h18mut

 大赤斑は健在ですが、永続白斑BAは辛うじて色合いで分かるだけで、大赤斑の左上にあります。

 ZWO ASI 290MMのフレームレートを上げると100秒間撮影で、16bit SERファイルの大きさが17ギガバイトにもなりました。
 256GBのSSDでは入りきらなくなり、困ったものです。足りない分はハードディスクでキャプチャーしたのですが、停滞してフレームレートが落ちてしまいます。

 ちょっと大食らいすぎますね(笑)

| | コメント (0)

天文年鑑2017 2016/11/21

 天文年鑑2017が発売されています。
 来年のことがいっぱい書かれています。
 北米皆既日食のデータもありますが、私の火星画像も載せていただきました。
Img_4506w800

 良かったら購入して、見てください(笑)

 こんなコロナを撮してみたいですね!

 来年の北米は行きますよ!

| | コメント (2)

捨てまんねん! 2016/11/19

 今シーズンの木星を撮影し始めて、また、データが溢れてきました。
 保存用に最近はは3テラバイトの3.5インチハードディスクを用いているのですが、今年はすでに5本を使い、その5本目も満杯になってきました。
 いろいろ考えたのですが、動画データを保存するのを諦めることにしました。
 大きく言うと、21世紀に入って惑星を動画撮影するようになってからずーっとデータを捨てないで保存してきました。
 ビデオテープから、Hi8テープ、DVテープ、ハードディスクなどいっぱいです。
 全部捨てるのはまだ心の整理ができていませんので、まずは、ハードディスクの動画だけを削除することにしました。
 OKAさんから圧縮についてのソフトも教えていただいたのですが、削除に進むことにしました。
Img_4485w800

 ただ、ごく最近のものは暫く残して置くことにしまして、さしあたり2011年~2013年の分を整理しています。
 削除は簡単なんですが、良く写っているのとかは残していますので、コピーしてまとめるだけでも何時間もかかってしまいます。
Img_4486w800

 ちょっと寂しいですが・・・

 やるしかないですね(涙)

| | コメント (0)

木星 2016/11/17-18

 2日続けて明け方は良く晴れました。
 シーイングは、木星を最初に見たときはまずまずだと思っていたのですが、途中から急に西寄りのどやどや気流が強くなり、後半はボツになりました。地上は東寄りの微風です。
 それでも今までよりは少し良かったようです。
Kmj2016111720h55mut_2

 気温は8℃とまずまずの寒さです。

 これから地上高度が上がればもう少し良く写るでしょうか。

| | コメント (0)

木星 2016/11/16-17

 昼間は良く晴れていたのですが、夕方から夜半は雲が多く、おぼろ月夜になっていました。
 明け方はほぼ快晴で、木星も少しずつではありますが高度を上げてきました。
 シーイングは残念ながら良くありません。地上はほぼ無風ですが、低層は北からの気流、中層以上は西からの気流が怒濤のように押し寄せてきていて、時には全く木星の縞が見えなくなるほどのえぐい気流もありました。
 薄明が明るくなり青空に木星が埋もれようとするころ、ちょっと気流が良くなりました。
 大赤斑は相変わらず健在です。
Kmj2016111621h09mut

 キャプチャー速度も順調ですが、L画像16本、カラー画像7本で、230ギガバイトを超えてしまいました。
 256GB(実質240GBしかない)の、私のSSDでは危なくなってきました。

 キャプチャーテストで、このままで行くと言ってしまったのですが苦しい・・・

| | コメント (0)

«SSD VS HDD キャプチャー速度 FireCapture2.5 2016/11/16