フォーカスコントローラ沖縄用 2018/05/25

 沖縄にC14を持って行くのですが、架台は仲間のJPを借り受けます。
 現状のC14のフォーカスコントローラーは、フォーク架台の赤経赤緯コントローラーと一体になったものを使っています。
 沖縄に鏡筒だけが行くので、単独のフォーカシングコントローラーを作ることになりました。
 マイコンArduinoからL6470ステップモータドライバへの指令システムです。
 単独のコントローラーボックスを作るだけで、新しいことは何もありません。
 先日、大阪日本橋で購入したタカチのケースに組み込みます。
Img_7644w800

 配線はきれいにしたいと思うのですが、いつも挫折してスパゲッティ状態です。
Img_7650w800

 いつも格好良く作りたいとも思ってるのですが、実力が伴いません。
Img_7683w800

 配線が終わると、Arduino nanoにプログラムを書き込みます。
 現状のものを変更無く書き込みますので安心です。
Img_7706w800

 無事に書き込みできましたので、組み立てて動作確認です。
Img_7709w800

 C14のパルスモータ駆動 L6470に繋いでみました。
Img_7711hdr01w800

 珍しくも配線ミスもなく無事に動きました。
Img_7716w800

 これで沖縄行きの準備が一つできました。

| | コメント (0)

火星 2018/05/24-25

 十日ぶりの火星です。
 木星の後一寝入りして今回は眼が覚めましたが、ほぼベタ曇状態でした。
 でもよーく見ると火星が微かに見えている、十日ぶりなんで無理して撮影することにしました。
 普段の十倍ぐらい露出をかけないといけません。フレームレートも低く必要数は無理でした。
 辛うじてLRGB合成できる分を確保できましたが、写りはしゃーないですね。
Kmm2018052418h19mut

 十日ぶりに免じて・・・

 撮影してて、露出が1/10秒で、フレームレートが10fpsで、とっても遅いと思っていたのですが、15年前に火星大接近のころは、PHILIPS ToUcam PROで、1/10秒や1/5秒露光が普通でしたから、カメラの進歩、センサーの発達は大きい。

  ・・・あと10倍ぐらいは感度が高くなって欲しい・・・

| | コメント (0)

木星 2018/05/24-25

 昼間は移動性高気圧やって来て青空でしたが、夕方ころには西から雲がすでにやって来ていました。
 たぶん高気圧に左右されない雲のようです。
 木星は薄雲を通しての撮影となり、気流もあまり良くありません。
Kmj2018052412h01mut

 雲の隙間も良く分からない状態で、次の木星は辛うじて1ショットのL画像でできています。
Kmj2018052413h51mut

 なかなか上手く晴れないですね。

 月と木星と雲の記念写真です。
Img_7667hdr08w800

 もう5月も終わろうとしてますが、梅雨までにイイ晴れとイイシーイングをお願いしたいものですね。

| | コメント (0)

木星 2018/05/22-23

 朝から夕方までは概ね青空が広がっていました。
 夕方に近づくころから曇り始めていましたが、薄雲が西からやって来る状態で、白い月も空に見えていました。
 一般天気予報でも夜遅くには曇り予報で、GPVは夕方から曇りですが、ひまわりの映像を見ると夜半ぐらいまでは雲の隙間がありそうだったので、準備はしておきました。
 21時ごろ何となく隙間に木星が見え始めたので撮影開始したのですが、雲の隙間は狭く木星は明るくなったり暗くなったりでした。
 シーイングは昨夜よほど悪くはないですが、似たり寄ったりで、高層の西からの気流と中層低層の南からの気流がぶつかりメラメラ・ザワザワとまともに見えませんでした。
 今夜もカラーカメラの2ショットだけで木星像を作ってみました。
Kmj2018052212h38mut

 力出ないですね。

 このまま梅雨に入るのでしょうか。
 もうちょっとまともに晴れて欲しいですね。
Img_7621hdr08w800

 写真は北からの雲ですが、この後、南からの低い雲に覆われてしまいました。

 今日(23日)、昼間の天気予報で、梅雨が早まるかもしれないと言ってました。

| | コメント (0)

木星 2018/05/21-22

 早朝はまだ雲が多かったものの、昼ごろからはきれいな青空が広がりました。
 午前中は北からの風が強く吹いていましたが、午後になると南西の風が強く吹いていました。
 移動性高気圧の西の端なんですが、北の大陸にある低気圧から日本に向かった雲が流れ落ちています。
 GPVの予想ではこの北からの雲で曇る予想なんですが、この雲は日本に近づくにつれて淡くなっていました。
 この北から落ちてくる雲は嫌いです。
 これでシーイングが良くなったためしはありません。
 Windyを見ても高度によって気流の方向がまちまちです。
 これもシーイングが悪くなります。
 しかし良く晴れているので木星撮影です(笑)
 シーイングは最悪一歩手前でした。
 辛うじてカラー画像で木星を作ってみました。
Kmj2018052112h25mut

 南熱帯攪乱は辛うじて残っているようです。

 木星を通り過ぎたジェット機雲です。
Img_7587w800

 木星後、仮寝をしてシーイングが悪くても火星をと思ったのですが、またしても眼が覚めたら青空が広がっていました。
 青空の中のジェット機雲です。
Img_7603w800

 なかなか疲れる惑星です。

| | コメント (0)

L6470が壊れた 2018/05/20

 L6470はパルスモータのドライバで、C14のモータ駆動に使っている赤経駆動用ボードなんですが、昨日壊れました。
 実は昨日触っていたのはフォーカシングユニットで、クレイフォードの調整とモータの調整をしていました。
 ところがある瞬間にパルスモータが動かなくなりました。
 フォーカシングの調整をしていたので、なかなか行き当たらなかったのですが、辿り着いたのは赤経用のL6470が壊れているのを見つけました。
 パルスモータの電源が、DC24Vの共通でフォーカシング、赤経、赤緯に繋がっています。
 見た目は焦げている訳でもなく普通に見えていますがICが壊れたようです。
Img_7572w800

 壊れた理由が分かりませんが、L6470の予備は持っていたので、作り直しました。
 L6470を交換すると無事動いたので一安心ですが、原因が分かっていないので再発するかも知れませんね。
 もう1個予備は持っています。

 20日の朝、修理した望遠鏡で火星を狙おうとしましたが、曇られました。
 いちおう動作確認だけはできました。
 そこそこの晴れ間は広がったのですが、火星撮影できるほどにはなりませんでした。
Img_7522w800

 暫くは様子見してましたがだめでした。

 寝直しして、望遠鏡は朝に片付けです。
Img_7546w800

 涼しい朝でした。

| | コメント (2)

火星 2018/05/14-15

 木星撮影後、土星をパスして一寝入り。寝過ごさないように・・・
 3時過ぎに眼が覚めて・・・ピントが合わない・・・自分の眼・・・(笑)
 シーイングは木星よりは良くなったようですが、相変わらず高層は北西の気流が小刻みですが激しい。
 中層低層は火星の高度が低いからか東寄りの気流がメラメラでした。
 それでも全体的には好気流でしょう。
 良く写りました。
Kmm2018051418h37mut

 やっぱり日毎に視直径が大きくなっている気がします。
 そろそろ小接近の時の視直径になります。
 B光の画像もそこそこ纏まりました。

 ただ、大気色分散のウエッジ強度を見ているFireCapture2.5のADC支援は、火星では難しいように思えてきました。
 B光とR光、基準のG光と模様輝度があまりにも違うので、見た目となかなか合いません。
 仕方なくモニター目視で調整しています。
Img_7500w800

 ちょっともやっているかのような空でしたが、一晩中快晴でした。
Img_7515hdr08w800

 気温15℃で、だいぶ暖かくなりましたが、蚊も登場するようになりました。

 さっそく刺されました(笑)

| | コメント (0)

木星 2018/05/14-15

 移動性高気圧に覆われて気温も高くなり、天気図的には良好なシーイングが期待されました。
 しかし、思った以上に大陸の低気圧から流れてくる薄雲と同じ高さにあると思われる北西からの気流が高層で強く、木星は小刻みに忙しく揺れていました。
 中層低層は北からのメラメラ気流で緩やかに木星をボカしていました。
 それでも、全体的にはまずまずのシーイングでした。
Kmj2018051414h09mut

 もう少し細部のキレが欲しいですが、贅沢でしょうかね。

 日本中のどこかで、もっとイイシーイングの所はあるのでしょうか。

| | コメント (2)

木星 2018/05/12-13

 昼間から少しずつ雲が多くなりGPVを見ても曇りなのですが、一般天気予報では晴れマークでした。
 ひまわりの映像を見ると雲はベタ曇ではなくムラがあり晴れ間も存在しそうでありました。
 で、晴れ間がやって来そうな時に慌てて準備し、晴れ間の瞬間に撮影することができました。
 1セット分の時間は取れずでしたが、何とか木星像になりました。
Kmj2018051212h19mut

 シーイングは良くありません。上空には南からの気流がいっぱい強く入っていました。

 永続白斑BAと、その後にSTBに復活するかも知れない嵐?が続いています。

 この後、曇ってしまい、ひまわりの画像を見ても晴れ間は厳しそうでした。
 今夜の雲は辛うじて夜でも、ひまわりの赤外像に映るので予想が立ちました。
 夜半過ぎに晴れ間がやって来そうだったので待ちました。
 来ました。
Img_7482w800

 しかし、シーイングは悪化。
 上空に入っている南の気流が強烈で、木星の模様がほとんど見えません。
 時折、ベランダでは東から生暖かい風が流れてきました。
 記念に、1ショットだけ撮影してみました。
201805121507_9rgb

 諦めて寝ました(笑)

| | コメント (0)

木星 2018/05/11-12

 日本海の寒気は遠ざかりつつありますが、まだまだ影響は残していました。
 偏西風に乗っかって来る雲が、北西から南東へと流れ、夕方から薄曇り状態でした。
 昼間はジェット機雲が頻繁に見られて、シーイングに期待を持って望遠鏡を覗いてみると、薄曇り状態ですが、昨夜とは違って木星の模様が良く見えました。
 大赤斑も見えているので、撮影しましたが、眼で見えていたほどの期待値までは届きませんでした。
Kmj2018051113h15mut

 上空の気流は昨夜ほど酷くはありませんが、今夜は南西からの気流が増えて小さなボケを繰り返していました。

 やっぱり、南熱帯攪乱は弱まっているように見えますね。

 昼間のジェット機雲です。これがあると上空の気流は安定しているように思えたのですがね。
Img_7412w800

 木星撮影の後、火星まで仮寝のつもりだったのですが、眼が覚めたら青空になってしまっていました(笑)

| | コメント (0)

«火星 2018/05/10-11